Contribution

CSR

地域のために、子どもたちのために。積極的に社会貢献活動を推進します。

私たち株式会社トヨタレンタリース山形は、「多くのお客様から選んで頂ける会社」の基本理念に基づいて、法及びその精神を遵守し、オープンでフェアな活動を通じて信頼される企業を目指し、全てのステークホルダーとの健全で公正な関係の維持と地球環境、地域社会の持続可能な発展に貢献します。

お客様に対して

  • 私たちは、「多くのお客様から選んで頂ける会社」の基本理念に基づき、全てのお客様が安全・安心・快適にカーライフを送れるため、かつ、お客様のカーライフを豊かにするために、お客様に真に満足頂ける優れた商品とサービスの提供に努めます。
  • 私たちは、道路運送車両法・消費者契約法・自動車公正競争規約など関連法令およびその精神を遵守し、お客様に信頼される営業活動を推進します。
  • 私たちは、個人情報保護法およびその精神を遵守し、お客様の個人情報保護の徹底に努めます。
  • 私たちは、社内規則を遵守し厳正かつ的確な企業運営を行います。

社会に対して

  • 私たちは、企業活動を通じ環境保全に努め、地球環境・地域社会との調和ある成長を目指します。
  • 私たちは、社会・経済の要請に応え法令を遵守し、「人間性尊重」の経営を実践します。
  • 私たちは、社会の一員として社会貢献活動を積極的に推進します。
  • 私たちは、交通安全対策へ積極的に取組みます。

取引先に対して

  • 私たちは、取引先を尊重し長期的な視野に立って相互信頼に基づく共存共栄の実現に取り組みます。
  • 私たちは、独占禁止法・下請法をはじめとする関連法令およびその精神を遵守・公正かつ自由な取引を実践します。
  • 私たちは、公正さを問われるような贈呈や接待をしたり受けたりしません。

従業員に対して

  • 私たちは、労働関連法令の遵守はもとより、従業員が生き生きと活動できるように、相互信頼・相互責任の精神に則り、互いを思いやり、それぞれの考え方や立場を尊重します。
  • 私たちは、従業員が誠実に仕事に取組み、より新しい価値の創造を目指すことができるよう、個々人の自己啓発・成長を支援します。
  • 私たちは、安全で健康的な職場環境創りに努めるとともに高い志を持ち困難に果敢にチャレンジする人材育成に努めます。
  • 私たちは、機密情報の管理を厳重に取扱うとともに、適時的確な情報開示に努めます。

暴力団等反社会勢力排除宣言

株式会社トヨタレンタリース山形は、平成24年7月6日施行の山形県暴力団排除条例の趣旨に則り、県内自動車販売業界としての社会的信頼を高めるため、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はこれらの密接交際者、及び過去に民事・行政問題等に関し違法な行為・不当な要求行為を行った履歴のある者など(以下「暴力団等反社会的勢力」)であることが判明した際に、適切な対応が行えるよう、契約条項に「契約解除」や「取引拒否」に関する事項を盛り込みました。
次の事項を基本方針として、暴力団等反社会的勢力を排除することを宣言します。

  1. 暴力団追放三ない運動(「暴力団を利用しない」「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」)を 実践する為、従業員等への周知教育に努めます。私たちは、従業員が誠実に仕事に取組み、より新しい価値の創造を目指すことができるよう、個々人の自己啓発・成長を支援します。
  2. 暴力団等反社会的勢力に対し、組織全体として毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断します。
  3. 暴力団等反社会的勢力による被害を防止するため、平素より外部専門機関(山形県警察、山形県追放運動推進センター、弁護士(山形県弁護士会民事介入暴力被害者救済センターを含む)等との緊密な連携関係の構築に努めます。
  4. 暴力団等反社会的勢力とは、自動車のレンタル・リース、その他一切の商取引を行いません。
  5. 暴力団等反社会的勢力による不当要求に対し、従業員の安全確保に配慮しつつ組織として対応し、迅速な問題解決に努めます。
  6. 暴力団等反社会的勢力による不当要求に対しては、民事及び刑事の両面から法的対抗措置を講じるなど、断固たる態度で対応します。
  7. 暴力団等反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽するための裏取引等を一切行いません。

2017年12月12日
株式会社トヨタレンタリース山形
代表取締役 鈴木 政康

道路交通安全方針

株式会社トヨタレンタリース山形は、安全・安心なカーライフをお客様に提供し、社員自ら模範となるために、私たちが取り組めることをはじめました。

道路交通安全理念

株式会社トヨタレンタリース山形は、事業の社会的責任と公共的使命を認識し、交通社会の手本として地域に貢献できる企業となるために、道路交通安全に関する法規制や社内外の安全に関する要求事項を順守し、オープンでフェアな活動を通じて、地球環境、地域社会の持続可能な発展に寄与します。この一環として、私たちの事業活動に伴って発生する、様々な移動および輸送における道路交通安全リスクを軽減する活動に積極的に取組み、交通事故のない、安全・安心で持続可能な社会の実現に率先して努めていきます。

道路交通安全方針

  1. 私たちは、安全な移動と輸送を確保するために、交通事故削減と死亡・重傷事故ゼロを目指して、道路交通安全に関する目的及び目標を定め、具体的な改善策を策定し推進します。
  2. 私たちは、PDCAの枠組みにより道路交通安全に関する改善策の有効性をチェックし、継続的に改善を図ります。
  3. 私たちは、道路交通安全に関する法規制や社内外の安全に関する要求事項を順守します。
  4. 私たちは、道路交通安全を継続的に取り組むために、取り組み体制、取り組みの仕組み及び手順を確立し、継続的に改善します。
  5. 私たちは、この道路交通安全方針を、当社の従業員に周知するとともに、広く社会に公開します。

2013年9月19日
株式会社トヨタレンタリース山形
代表取締役 鈴木 政康